肩こりに特徴的な姿勢とは?|肩こりを楽にする草加のしげの鍼灸院・接骨院

お問い合わせはこちら

埼玉県草加市青柳7-25-20
[営業時間]8:00 〜 20:00 / [定休日]日,祝

肩こりに特徴的な姿勢とは?|肩こりを楽にする草加のしげの鍼灸院・接骨院

肩こりに特徴的な姿勢とは?|肩こりを楽にする草加のしげの鍼灸院・接骨院

こんにちは!草加市にあるしげの鍼灸院・接骨院院長の茂野有一郎です。

肩こりによくみられる姿勢についてみていきます。

巻き肩や猫背はもちろん肩コリに関連している姿勢ですが、

今回は腕の向きに着目していきます。

肩こりのあなたは腕が内側を向いています。

結論としては腕が内巻きになっています。

気を付け姿勢をしたときに肘の曲がるところを見てみてください。

肘の曲がるところが内側方向に向いていませんか?

この状態になっているということは

巻き肩や猫背になっている状態の可能性が高いです。

ですから巻き肩や猫背のあなたは

腕が内側に向いている状態が理由になります。

腕が内側を向く理由とは?

腕が内側を向く理由はいくつかありますが、

一つ大きなる理由を紹介していきます。

それは上腕三頭筋が弱くなってしまっているということです。

上腕三頭筋は腕のうしろにある筋肉ですが、

この筋肉が弱ってしまうあるいはさぼってしまうと

腕の前側にある筋肉や、脇の下にある筋肉がカバーしようとして緊張します。

そうすると、腕を内側にひねるような力が働くので、

腕が内側を向いてしまいます。

上腕三頭筋をうまく働かせるには?

上腕三頭筋をうまく働かせるには、肘を伸ばす動作が有効になります。

手のひらと肘の曲がるところを上に向けて

肘を思いっきり伸ばしてください。

そうすると、腕の後ろ側に力が入るはずです。

力が入り辛い人は上腕三頭筋が弱くなっている可能性があります。

また、普段から、肘のまがるところを意識して外側に向けてください。

そうすると外に出ていた肩甲骨がうまく内側に入ってくれるので

肩こりが軽減してきます。

肩こりと腕の関連性について考えてみました。

当院では、

肩こりの根本的な原因を追究しています。

ご相談お待ちしていますので

ご気軽にご連絡ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

草加市にあるしげの鍼灸院・接骨院 院長 茂野有一郎

お電話でのご予約はこちらから

「ホームページを見て予約したいのですが」とおっしゃってください。

施術中はお電話をお受けすることができませんので、ぜひLINEをご活用ください。LINEに「お名前」「症状」「ご希望日時」「お電話番号」をお伝えください。営業時間は8時から20時までですが、LINEからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひLINEからのお問い合わせをお願い致します。LINEは「お名前」「症状」「ご希望のお日にち」「時間帯」「電話番号」を入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用いただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願い致します。

公式LINEでもご予約できます

当院への質問やお体のお悩み相談も気軽にご連絡ください

①友達追加

まずはQRコードを読み取っていただくか、

下のお友達追加ボタン

またはIDでの登録をお願いいたします。

ID:@ijh0477b

 

②メッセージの入力

「お名前」「症状」「ご希望のお日にち」「時間帯」「電話番号」

をお送りいただけましたらこちらからご連絡させていただきます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。