野球肘が治らないあなたへ|当院の鍼灸治療で楽にしていきませんか?|しげの鍼灸院・接骨院

お問い合わせはこちら

埼玉県草加市青柳7-25-20
[営業時間]8:00 〜 20:00 / [定休日]日,祝

野球肘が治らないあなたへ|当院の鍼灸治療で楽にしていきませんか?|しげの鍼灸院・接骨院

野球肘が治らないあなたへ|当院の鍼灸治療で楽にしていきませんか?|しげの鍼灸院・接骨院

野球肘とは言葉の通り野球などの

ボールを投げる競技を行っていて

肘の痛みが出てくるスポーツ障害です。

プロ野球選手では肘の靭帯損傷で手術を

しているニュースなどをよく見ますよね?

大谷選手やダルビッシュ選手が手術を受けています。

◉野球肘の痛みを解説

肘のどの部分に痛みが出ているかで

痛みを出している組織が変わります。

・内側、外側

・前側、後ろ側

主にこの4種類です。

 

・内側の痛み

 内側側副靭帯、手指および手関節(手首)の屈筋群

 野球肘の痛みで一番多くの選手が訴える内側の痛みです。

 内側側副靭帯という肘を支える靭帯や

 指や手首を曲げていく筋肉が損傷して痛みを出しています。

 

・外側の痛み

 橈骨頭、上腕骨小頭

 外側に痛みが出るときは骨の痛みが多いです。

 投げる際に骨と骨がぶつかり合い損傷を起こします。

 

・前側の痛み

 円回内筋、上腕二頭筋腱

 前側が痛む場合肘を内側に

 ひねる筋肉を過剰に使ってしまって

 痛めているケースがあります。

 

・肘の後ろ側の痛み

 上腕三頭筋

 肘を伸ばす筋肉が働きすぎて

 しまっていることが原因です。

 腕の後ろにある上腕三頭筋を

 使って投げていることが

 肘の後ろの痛みを発症させています。

◉野球肘の原因

・肘に負担のかかるフォーム

・学生は発達途中のため損傷を受けやすい

・球数の問題

 

・ひじに負担のかかるフォーム

 肘をうまく使うという風潮がある日本の野球です。

 リリース前段階の肘を肩より引き上げる動作と

 肘を投球方向に肘を出していく動作、

 二つが推奨されていますが、

 肘に負担がかかってしまう動きです。

 

・発達途中のため

 小学生~高校生くらいまでは体が出来上がっておらず

 肘の靭帯や筋肉が損傷を受けやすい時期です。

 オーバーユース(投げすぎ)に注意して

 ストレッチなどのケアを怠らないようにしましょう。

 

・球数の問題

 ポジションによって球数にばらつきがあるスポーツです。

 ピッチャー、キャッチャーなどは投げすぎ(オーバーユース)

 による肘への負担が大きすぎます。

 球数制限を導入する意見も最近増えてきました。

 それだけ投げすぎによるケガが多いのです。

◉当院の治療方針

・ノースロー(球数制限と距離の制限)

・肘のケア方法の指導

上記二つを徹底して行います。

ノースローによって肘の炎症をまずとり、

自宅でのケアの習慣を作ってもらいます。

そのうえでどうして肘に負担がかかってしまう

フォームになっているのかの原因を探っていきます。

動きが固い、筋力不足などの理由によって

投げにくくなっているケースが多いです。

野球肘にお困りでしたらぜひ当院へご相談ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

茂野

お電話でのご予約はこちらから

「ホームページを見て予約したいのですが」とおっしゃってください。

施術中はお電話をお受けすることができませんので、ぜひLINEをご活用ください。
LINEに「お名前」「症状」「ご希望日時」「お電話番号」をお伝えください。
診察時間は8時から20時までですが、LINEからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひLINEからのお問い合わせをお願い致します。
LINEは「お名前」「症状」「ご希望のお日にち」「時間帯」「電話番号」を入力するだけの簡単なものですので
お気軽にご利用いただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願い致します。

公式LINEでもご予約できます

当院への質問やお体のお悩み相談も気軽にご連絡ください

①友達追加

まずはQRコードを読み取っていただくか、

下のお友達追加ボタン

またはIDでの登録をお願いいたします。

ID:@ijh0477b

 

②メッセージの入力

「お名前」「症状」「ご希望のお日にち」「時間帯」「電話番号」

をお送りいただけましたらこちらからご連絡させていただきます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。